スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『めぐみー引き裂かれた家族の30年』

アメリカ人ジャーナリストによって描かれたドキュメンタリー映画
『めぐみー引き裂かれた家族の30年』が、ついに日本で公開されることになりました。

『めぐみー引き裂かれた家族の30年』

11月25日(土)より渋谷シネマGAGA!他全国順次ロードショー

1977年11月15日、横田めぐみさんが忽然と姿を消してから30年。テレビ報道などでめぐみさんのご両親がいつも気丈に語られるのに接するたび、私達には計り知れないほどの悲しみとご苦労があっただろうといつも胸が痛くなります。

北朝鮮が拉致を認め、拉致された方々が帰還を果たしたとき「あぁ、よかった。これで他の方もきっと帰ってこられる。問題解決の道は開けた。」と感じたのに、あれからもまだ北朝鮮は問題をはぐらかしたまま、また新たに核やミサイルという反社会的な問題を起こし続けています。
私には政治的な難しい事は分からないけど、いったい北朝鮮は何を求めているのですか?食料や資金の援助を必要としているのなら、今している事に首をかしげざるを得ない。力を誇示したいのなら何のために?
こんな事がばかげていて、世界の国々から孤立し、ますます自分の首を絞める事に何故気づかないのでしょう。

この映画の中での脱北した北朝鮮の元工作員、アン・ミョンジンの証言は大変ショッキングな生々しいものだそうです。しかし恵さんの生存に関わる重要な内容です。
この映画が拉致問題の悲惨な現実を世界に伝える事ができればと願っています。

『めぐみー引き裂かれた家族の30年』公式サイト
http://www.megumiyokota.com/blomotion/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。