地震費用保険「Resta(リスタ)」

震災後の生活に着目した生活再建費用を補償する新しいタイプの地震保険「Resta(リスタ)」が12月1日に発売されました。

press56.jpg

阪神大震災が起こったとき私は京都に住んでいましたが、とても大きく長い揺れに恐怖を感じ、やっと揺れが収まって寝室を出ると下駄箱は倒れ、本棚はグニャリと曲がりテレビは画面を下に向けて落ち、食器棚から食器が飛び出し足の踏み場もないほどの惨状でした。京都では被害のないお宅が多かったのですが、我が家の近くには断層が通っていたそうです。


地震が起こったときは公団住宅に住んでいたので、建物の修復は公団の方が行ってくれましたが、6年前家を買ったとき鉄筋の家を選んだのは、やはり火事や地震に強い家が良いと思ったからです。
あの時の経験からやはり家具の転倒が一番怖いので、大きな家具はすべて天井との間に突っ張り棒をしました。

しかし、あれから11年が経ち、あのような恐怖の体験をしたにもかかわらず、何の根拠もなく「あんな大きな地震は滅多に起こるものではない」といつの間にか思っている自分がいるのです。こんなことではいけないですね。

従来の地震保険は、建物や家財などの固定資産をカバーするものですが、Resta(リスタ)は『震災後の生活再建費用をカバー』する新しいタイプの保険です。世帯人数に基づく補償額の設定、政府の定める被害認定に応じた保険金支払い、リスク細分型の保険料設定などきめの細かい内容になっています。

震災の際、一番不安なのが今後の生活のことですよね。被災した住居の建替・補修費用、ご家族の緊急避難費用や引越し費用、生活必需品購入費用、ホテル代、仮住まい家賃などの思わぬ出費が嵩みます。その費用をカバーする事ができるのは重要なポイントですね。
また「Resta(リスタ)」は、政府の定める被害認定を保険金の支払い基準としているので、今までのような保険会社の独自査定と違い明快です。そして保険金の請求時には、かかった費用を証明する領収書等のご提出が不要。
地震保険を見直したり、新しく加入を考える際にとても魅力的な保険といえますね。

「Resta(リスタ)」詳細はこちらから
http://jishin.co.jp/press/20061101.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント