モンテッソーリ式“PULCINO(プルチノ)”

モンテッソーリ・メソッドは、20世紀の偉大な教育者でありイタリア初の女性医師マリア・モンテッソーリ博士(1870-1952)が、無限である子どもの可能性の発展を願って独自に開発した幼児・初等教育法です。
自分の頭で考え・選択し・積極的に行動できる「自立」した人間を育成することを主たる目的としています。

適切な環境と援助があれば子どもは自ら成長する存在であると思った博士は、子どもの教育を五感の発達を通して支えるために効果的な教具やレッスンを次から次へと考案しました。
そのモンテッソーリ・メソッドから生まれたのが家庭教育システム『モンテッソーリ式“PULCINO(プルチノ)”』です。

press58.jpg


“PULCINO(プルチノ)”の遊び方は800種類以上あり、モンテッソーリ教育にもとづいた独自のカリキュラムに構成されています。
面白い、楽しいと思う気持ちが自然に学ぶ意欲を育て、生き生きとした毎日を創ります。幼い子どもが、様々な事に示す関心度の高さは並はずれたものがありますが、この時をうまく利用して子供達の個性と可能性を育てる。そして学力を単なる知識としてではなく「生きる力」として感覚的に身につけることができれば、より充実した生き方を自然と実現できるようになるでしょうね。

子供の頃のおもちゃ箱を思い出すと、今に比べて貧しいながらも色々なおもちゃが入っていました。積み木に着せ替え人形やままごとセットに混じって何故かよく覚えているのはアワビの殻が何枚か入っていた事。内側が虹色に光ってとてもきれいでした。食卓にアワビが並んだ覚えはないけど、貝殻がきれいだから母がおもちゃ代わりにくれたんでしょうね。お母さんごっこの食器として活躍しました。知育玩具といえるようなおもちゃは持っていなかったけど、愛情のこもったおもちゃ箱の中をふと思い出してしまいました。

最高の家庭教育システム モンテッソーリ式“PULCINO(プルチノ)”のメーカーは中央出版ですが、販売元はまた別の会社のようですね。
“PULCINO(プルチノ)”の紹介や体験記が載っているので、是非ご覧になって下さいね。

モンテッソーリ式“PULCINO(プルチノ)”
http://www.chuoh.co.jp/pulcinokids/index.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これを売りに来たやつ、まじ押し売りじゃねーか!子供はな、始めは何にでも興味持つのに、あたかも、こんなに楽しんで使ってるなどほざきやがって。売り方にもっと気をつけるよう指導したらどうだ!