スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眞鍋の年賀状講座

12月に入って年賀状の話題が多くなってきましたね。私も今リストアップ中。昨年いただいた方、新しくお友達になった方、もう何年も音沙汰がない方、喪中の方など分けて名簿作り。私などはまだ枚数が少ない方だと思いますが、お付き合いの多い方やマメな方は大変でしょうね。

年賀状作成ソフトの「筆まめ」は有名ですね。我が家にもありますが、もっぱら主人が使っているので私は今までデザインと宛名を伝えて作ってもらっていました。
現在は『筆まめVer.17』が出ていますが、『筆まめ』 のキャンペーンサイトに イメージキャラクター眞鍋かをりさんの かんたん!安心!「眞鍋の年賀状講座」というのがありました。

かんたん!安心!「眞鍋の年賀状講座」

筆まめの便利な使い方や年賀状マナー講座など図解いりで分かり易く載っています。

忙しいので簡単に作りたい方には「特急講座」。こだわってオリジナルの年賀状を作ってみたい方には「こだわり講座」。
デジカメ画像の編集も簡単にできるし、かわいいはんこも作れます。このはんこ、いいですよ。私はハンコが好きで消しゴムはんこを作ったり篆刻をする事もあるのですが、ゆっくり時間が取れるときでないとなかなかできないんですよね。そんな時パソコンではんこが作れたらとっても手軽。それにデザインが引き締まって素敵な年賀状になりますよ。

マナー講座では分かっているようでいまいちあやふやだった基本、例えば宛名は住所より一文字下げて書くとか、用途に応じた幅広い文例が600種類も用意されていたり、役立つ情報が満載です。

数年前から私もパソコンを使って年賀状を作るようになりましたが、必ずお一方お一方に手書きの言葉を添えます。長年会っていない親戚や友人たちに年に一度のご挨拶をするのですから、短い言葉ではあっても気持ちを伝えたい。わたしもその様なお便りをいただくと「あぁ、元気に暮らしているんだなぁ」と心が温かくなります。形式的・事務的な紙のやりとりでは寂しいですからね。そのために書くスペースを空けたデザインにします。

さあ、のんびりしていられませんね。お掃除まだまだ残っているし頑張らないとー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。