ムーンライダーズ「マニアの受難」

シェアブログ1110に投稿

『ムーンライダーズ』 なんて懐かしい響き。1976年にデビューし日本のロック、ポップ・ミュージックシーンに大きな影響を与え続けてきた伝説のロックバンドムーンライダーズが、多彩なゲストを迎えて日比谷野音で30周年記念ライブを行いました。
そのライブの模様を軸に、バンドの30年と現在を追った音楽ドキュメンタリー「マニアの受難」が今テアトル新宿で公開されているそうです。


「マニアの受難」の予告を見ましたが、やっぱり相変わらずかっこいいおっちゃん達だなぁと思う訳です。昔からそれはずっと変わらない想い。
日本語ロックの第一世代として30年間ずっと音楽業界で仕事をしてきた彼らが語る、バンドと音楽をめぐるPASSION(=情熱/=受難)の物語。一人一人がとてもいい顔をしていて、コメントの中の「売れる事はかっこ悪い事だ」という言葉が、私にとっては最高のかっこよさ。

セッションの様子やレアな音源、アーカイブ映像など挟みながら、日本語ロックから始まりテクノロジーや現代の音楽を巧みに消化しながら、現在のJポップへと続く日本の音楽シーンのある側面を辿る旅でもあるこの「マニアの受難」、とても興味深いです。

コロムビアミュージックエンタテインメント「マニアの受難」
http://columbia.jp/prod-info/moonriders/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント