ミュージックファンド

景気が戻りはじめたと巷の噂では聞きますが、
我が家ではまだまだ寒風の中、
春の便りを聞くにはもう少し掛かりそうなのかな。
でも様々な情報のなかで最近気になったのは、
ちょっと目先の変わったファンドです。
それはミュージックファンド

ミュージックファンドは、アーティストがこれから制作する CD に投資することで、アーティストを応援する仕組み。
投資家から募った資金で CD を製作し、その CD の売上げに応じて配当金を分配したり、アーティストのプライベート映像、メッセージ等が収録された DVD や、特別ライブへの招待など嬉しい特典もあります。
いいなぁ、きっと売れそうと思ったアーティストに夢を託し、直接応援することができるんですね。


現在募集中のミュージックファンドには若手のアーティスト達が顔を並べています。そんな中で私が注目したのが、韓国出身のHejin

ミュージックファンド


発売予定のファーストミニアルバムの中から私が気に入った曲は「The wall」。韓国ではロックバンドのボーカルとして活動していたらしいですが、このアルバムの中で一番彼女らしくのびのびと歌っていたのがロックっぽいこの曲でした。

このファンドのメリットは上に書いた通り、売上げ枚数に応じた配当金と優待特典。(詳細は各アーティストの説明書を読んで下さいね。)
デメリットは...
・出資募集総額に満たなかった場合→出資金は全額返還(手数料は返金されません)
・CD の売上枚数が損益分岐点を超えない場合、元本割れする可能性があります。ただし、出資額を超える請求が発生することはありません。

投資にはこのようなメリットとデメリットがつきものなので、よく考えて自分の責任で行って下さいね。
でも、私も過去にファンドを買ったことがありますが、少しお小遣いが増えたらいいなぁという思いにプラスして、大好きなアーティストや音楽に夢を掛けられるというのは、音楽好きにとっては耳寄りな話ではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント